脱毛の知識

ヒゲ脱毛が痛すぎる!激痛の理由と、その痛みを緩和する為にできること

朝の時間を有効活用したい、または無精ひげを失くしてツルスベ男子を目指したい!

 

ヒゲ脱毛をする目的はそれぞれですが、脱毛時に感じる痛みに躊躇してしまう男性は少なくありません。

 

ここでは痛いと話題!のヒゲ脱毛の痛みの真実、そしてその痛みを少なくできる方法について解説していきたいと思うので、ヒゲ脱毛を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

パチンどころじゃない!ヒゲ脱毛が痛すぎるその理由について考察、また部位別痛みレベルも紹介

(出典 ゴリラクリニック公式ページ

ヒゲ脱毛がものすごく痛いって聞いたけど本当?

このような痛みに関する心配の声は非常に多く、ツルスベ肌を目指す男性の脱毛欲求に対する懸念材料になっています。

 

ここではヒゲ脱毛の痛みにクローズアップし、部位別の痛みの違いに痛みが発生するメカニズムにまで迫って解説していきたいと思います。

ヒゲ脱毛が痛い理由を考察してみた

ヒゲ脱毛に限りませんが、医療レーザー脱毛をする際にはかなりの痛みを伴います

しばしその形容として挙げられるのが、拷問ゴムパチン、など様々な文句でその痛みレベルが語られますが、どんなに痛みに強い方でもかなりの痛みを伴うのがレーザー脱毛です。

 

果たしてなぜにヒゲ脱毛が痛いのか?ここではまずその理由について考えてみましょう!

痛みの原因はこの3つ!

  1. 顔面の皮膚が薄い
  2. 他の毛よりもヒゲが太い
  3. 脱毛する上での出力が高い

大きな原因として上記の3つが挙げられます。

 

まず1についてですが、身体の部位によって皮膚の厚さが異なり、皮膚の薄い顔面や粘膜部位は特に痛みを感じやすい傾向にあるからです。

 

2、3目についてはムダ毛の中でも、男性のヒゲは特に毛根が深く毛自体が非常に太い為、脱毛時に感じる痛みが強くなります。

 

またヒゲ脱毛の効果を得る為に、高めの出力でレーザーを照射する必要があることも痛みが感じやすくなる要因になるのです。

鼻下?それとも顎?どの部位が最も痛い!?

性別に問わず顔の皮膚は薄くそして敏感な部位である為、脱毛時に感じる痛みも強いことが分かりました。

 

勿論人ぞれぞれの肌の状態、例えば肌荒れ体質または極力痛みに弱い、そして日焼けをしているか否かなども、痛みの感じやすさに影響を与える要因になってきます。

 

さてヒゲ脱毛をする際は、基本的に鼻下顎部分、そしての3部位に大きく分かれますが、皆さんはどの部分が一番痛みを感じやすいかご存知でしょうか?

 

これは口コミや体験談を通しても一貫して同じ傾向にありますが、鼻下>>顎部分>頬の順番で痛みを感じやすくなります。

 

脅しているわけではございませんが、鼻下のレーザー脱毛はゴムをパチンと弾くレベルでは収まらず、大の男が男泣きをしてしまう程の強い痛みを伴います。

 

理由としては前述の通りですが、特にその部位の皮膚が薄い為に出力を弱めてもかなりの痛みを感じる方が続出!

 

美意識が高い女性などは脱毛するには痛みは避けられない!、綺麗になるなら痛みも何のその、という強い覚悟を持って脱毛に臨みますが、実際男性はそこまでの覚悟がない方が多いのも、口コミで否定的な見解が多くなる原因と言えるでしょう。

 

男性にとって鼻下は顎部分と同様に、デザイン髭を楽しむ為のお洒落部位でもあります。

 

ムダ毛の一切ない肌を目指すのか、オシャレなヒゲ男爵を理想にするのかにもよりますが、どちらにしても鼻下はかなりの痛みを伴うことを覚えておいてくださいね。

激痛を抑えてヒゲ脱毛をするには麻酔が必須!?またロキソニンで痛みは緩和可能って本当?

(出典 ゴリラクリニック公式ページ

痛いって本当に嫌ですよね……。

心理的な心の痛みも辛いですが、医療レーザー脱毛時に感じる焼けるようなその痛みも何とかしたいもの。

 

ここではヒゲ脱毛時の痛みを緩和する為にできること、そして痛み止めの代名詞であるロキソニンで痛みは取れるのか?について解説していきたいと思います。

痛みが気になる方は事前に麻酔を申込み脱毛に臨もう!

通常肌の脱毛をする際にはニードル脱毛、医療レーザー脱毛または光脱毛の3種類に分かれます。

 

医療レーザー脱毛はゴリラクリニックのような医療機関での施術、脱毛サロンなどではニードル脱毛、光脱毛で脱毛を行いますが、その痛みはニードル脱毛>医療レーザー脱毛>光脱毛の順で強くなります。

 

どの方法でヒゲ脱毛をするにしても痛みは避けられませんが、医師が在住するクリニックであれば麻酔である程度の痛みを排除可能です。(脱毛サロンでは麻酔は利用できないのでその点も覚えておきましょう。)

 

ゴリラクリニックでは脱毛の痛みを緩和する為に、麻酔クリームまたは笑気ガスによる麻酔を用意しています。

ゴリラクリニックで利用可能な麻酔

1,高濃度表面麻酔クリーム……3,000円/10グラム

2,笑気ガス……3,000円/30分

特に痛みが敏感な方は笑気ガスの麻酔を選ぶ方が多く、感覚が鈍って感じる為にかなり髭が濃い方でもほとんど痛みを感じることなく施術に望めます。

 

勿論麻酔をすることは必須ではありませんし、回数を重ねるうちに肌に心理状態が痛みレベルに慣れてくること、そして脱毛をすればするほど出力を抑えてレーザーを照射する為初回ほど痛みを感じなくなる方も少なくありません。

ロキソニンはヒゲ脱毛の特効薬にはならない!

メンズ脱毛のパイオニアであるゴリラクリニックにおいても、WEB上でロキソニンはあくまで頭痛や歯痛、筋肉痛などに効果があるものであり、外的要因による物理刺激に対する痛みの内服薬ではないことが言及されています。

 

そのメカニズム的にはロキソニンはどんな痛みに対しても鎮痛作用を示すと思いがちですが、ヒゲ脱毛の直接的な痛みには通常利用されません。

 

また痛み止め成分を含むロキソニンテープモーラステープの利用に関しても同様です。

 

特に後者のモーラステープは副作用として光線過敏症を呈することもあるので、脱毛の痛み緩和目的での利用は絶対にやめましょう!

ゴリラクリニックで施術可能なペインレス脱毛機メディオスターとは?

(出典 ゴリラクリニック公式ページ

悩めるヒゲ男子の駆け込み寺と呼ばれる総合美容クリニックといえば、ゴリラクリニック

 

男らしさ溢れるネーミングのゴリラクリニック、名前負けすることなく多くの剛毛男子が自身のコンプレックスを解消する為にそのドアをノックしています。

 

さて皆さんはゴリラクリニックで利用できる、メディオスターと呼ばれる脱毛機械をご存知でしょうか?

 

実はこのメディオスター、痛みに弱い方の大きな大きな味方になってくれるんです!

メディオスターとは?痛みを軽減して脱毛が可能な理由

くどいようですが医療の進歩がどれだけ顕著であっても、ヒゲ脱毛時には個人差こそあるものの痛みをゼロにすることはできません。

 

しかしある種の特別な脱毛機械を利用することで、その痛みを軽減して脱毛をすることが可能になるのです。

 

それがここでご紹介するメディオスターNeXT PROと呼ばれる脱毛機械。

 

通常は毛根を熱で破壊して行う脱毛プロセスを、発毛因子ともいえるバルジ領域の細胞を蓄熱方式で破壊し、同時に強力な冷却装置で患部を冷やして脱毛を進めていきます。

 

このバルジ領域は痛みを感じる神経が多く走行する毛根部分ではなく、より皮膚に近い部分に位置している為、知覚として感じる痛みを少なくして脱毛が可能になるのです。

 

また肌ダメージが少なく軽度の日焼けでも利用可能、そして照射後の赤味が少ないことも特徴と言えます。

 

勿論メディオスターNeXT PROを利用すれば必ずしもペインレスで脱毛が完了する訳ではありませんが、特に痛みに敏感な方は更に笑気ガスまたは麻酔クリームを併用することで最小限の痛みで脱毛を遂行することが可能になります。

 

因みにゴリラクリニックでは5種類の脱毛機械を肌質、ヒゲの濃さ等を考慮して選択的に利用しており、メディオスターNeXT PROでの脱毛が必ずできるとは限らないのでその点に関しては留意が必要です。

まとめ

(出典 ゴリラクリニック公式ページ

痛みがトリガーになりヒゲ脱毛を諦めてしまう方も、残念ながらいます。

 

中には大金を支払ったにも関わらず通院を辞めてしまう方も少なからずいるのです。

 

ヒゲ脱毛時にはその痛みは避けられませんが、自分のヒゲ・肌状態を客観視して、どの程度の出力で脱毛すべきなのか?、そしてどの麻酔を利用するのかをドクターとしっかり相談することで、想像よりも痛みを少なく脱毛に臨むことができるので、痛みと上手に付き合っていきながら脱毛に臨んでいきましょう。

-脱毛の知識

Copyright© ゴリラクリニック完全攻略サイト , 2020 All Rights Reserved.