初めての人

多汗症で悩む人も脱毛はできる?!ゴリラクリニックがオススメな理由

「男だけどこの剛毛をどうにかしたい!」

「でも俺多汗症なんだけど、脱毛って出来るのかな?」

 

脱毛をするか迷っている人の中には、そんな疑問を持つ方も多いのでは無いでしょうか。

いざネットで調べてみると、色々な情報が出回っていて、どれが本当なのかわからない。

 

この記事では、多汗症に悩む人が脱毛をすることが出来るのか、ゴリラクリニックを参考にお伝えしていきたいと思います。

 

そもそも多汗症って何?

そもそも多汗症ってどんな病気なのでしょうか。

名前はよく聞きますが、実際どういった症状があるのか、実は知らないな、という人もいますよね。

もともと汗をかきやすい体質の人もいますが、実は、それと多汗症とは違いがあります

 

医療脱毛のお話をする前に、まずは多汗症について簡単に説明していきましょう。

多汗症について

そもそも「汗」というのは、人間が体温調節をする際に、体内の熱を下げるために体から放出される体液です。

多汗症は、そういった体温調節に必要な範囲を超えて、発汗が異常に増加する状態のことをいいます。

 

多汗症には、全身に及ぶものと、手や足のみといった、局所的なものがあり、ひどい場合日常生活に支障をきたすほど過剰の発汗がみられることがあるのです。

多汗症と汗っかきは違う!

「軽く運動をしただけで凄い汗が出る!

「緊張すると、垂れてくるほど汗がでてくる!」

 

その人の基礎代謝や体質、性格によって汗がでてくる場面は様々だと思います。

このようないわゆる「汗っかき」の人と多汗症の人との違いは、実は明確には記されていません。

先ほどもお伝えした様に、日常生活に支障が出るほど過剰な汗が出るか、といのが主な基準となるそうです。

「何もしていないのに、コップが滑るほど汗をかく」

「足が滑るほど足の裏に汗がでてくる」

など、日常生活で困ることがある方は、多汗症の可能性がありますので、医師に相談してみるといいかもしれません。

多汗症かそうでないかは、医師の判断になるので、少しでも気になる方は、専門の医師に相談してみましょう。

 

ここまで、多汗症について簡単に説明してきましたが、実際に多汗症の人でも、医療脱毛を受けることはできるのでしょうか?

多汗症でも医療脱毛はできるのか?

 

多汗症の場合の脱毛の可否について

結論から言って、多汗症でも医療脱毛はできる!

 

といっても、クリニックの医師の判断にはなりますが、大抵の場合問題なく施術を受けられます。

医療脱毛を行う際、どのクリニックでも照射部位を清潔にしておく様説明しますが、その理由は、レーザー脱毛は医療行為であり、肌に少なからずダメージを与えるからです。

 

ダメージを与えるということは、施術をした部位は普段よりも敏感になっており、荒れやすくなったり様々な菌に感染しやすくなります

多汗症の場合、他の人よりも照射部位が不潔になりやすいです。

なので、照射前はシャワーを浴びたり、制汗剤の入っていないシートで汗を拭くなどして、照射部位を清潔にしてから施術を受けるようにしましょう。

 

照射後も同様に、シャワーを毎日浴びるなど、照射部位を清潔にするよう心がけてください。

注意ポイント

多汗症だからといって、施術前に制汗剤を使用するのはやめましょう。

制汗剤を使用すると、毛穴に成分が詰まってしまい、レーザーが毛穴の奥に届きにくくなってしまうこともあります。

それだけでなく脱毛の効果が低くなってしまうので、いくら汗をかくからと言って、制汗剤を使用するのはオススメできません。

 

脱毛すると多汗症がひどくなる、というのはホント?!

「多汗症」「医療脱毛」と検索すると、よく見かける「汗がすごくでるようになった」という記事。

多汗症に悩む人にすると、それが本当なら怖くて脱毛なんかできない!と思ってしまうのも無理はありません。

 

実は、医療脱毛によって汗が出てくるというのは、医学的に証明されていないんです。

実際に脱毛後に汗の出る量が増えた、というのはよく聞きますが、その原因として以下の2点が挙げられます。

脱毛後に発汗量が増えたと感じる原因

  • 脱毛直後は、汗腺が刺激される
  • 脱毛部位にを意識することで、局所的に発汗量が増える

 

事項でこの2点について少し説明していきたいと思います。

脱毛直後は、汗腺が刺激される

まず一つ目の原因は、脱毛用レーザーによる汗腺への刺激です。

レーザーによる脱毛を行うことで、汗腺が刺激されることがあり、これを「脱毛後多汗」といいます。

 

この脱毛後多汗は、医学的な因果関係は解明されていませんが、毛根を刺激する脱毛用のレーザーが、永久的に汗腺にも刺激を与えるとは考えにくく、汗がよく出るのも一時的なものとされています。

脱毛部位にを意識することで、局所的に発汗量が増える

2つ目の原因は、脱毛部位を意識してしまうことによる発汗です。

 

手や足でもそうですが、気になることがあって局所的に意識を向けていると、手汗や足汗をかくことありますよね?

それと同じで、脱毛部位の発汗を気にするあまり、局所的に発汗してしまうことで、当の本人は発汗量が増えたと感じてしまうのです。

 

以上の2点が、脱毛後に発汗量が増えるという考えの原因です。

 

何度も言いますが、脱毛後の発汗量については、医学的に証明されていないので、多汗症の方もあまり神経質にならずに、医療脱毛について考えてみてもいいのではないかなと思います。

 

医学的な根拠がないと言ってもやっぱり不安があるな、という方は、専門の医師や脱毛クリニックの医師に相談してみることをオススメします。

ゴリラクリニックは多汗症の治療もしているから、医療脱毛も安心!

引用:ゴリラクリニック公式サイト

ここまで、多汗症の人の医療脱毛についてお伝えしてきました。

でもやっぱり、多汗症でも脱毛をしてもいいのかリスクはないのか詳しく知りたい、と思われる方も居られるかと思います。

 

その様な方には、まずゴリラクリニックでのカウンセリングを受けることがオススメです!

その理由について解説していきたいと思います。

ゴリラクリニックでは多汗症の治療も行っている

いざ脱毛をしてみようと決心したはいいものの、脱毛専門のクリニックだと多汗症のことを相談しにくいし、不安もありませんか?

 

実は、ゴリラクリニックでは医療脱毛だけではなく、多汗症の治療も行っています

そのため、「脱毛をしたいけど、実は多汗症で、、、」といった悩みにも相談に乗ってくれますし、利用する側にとっても、多汗症の治療を行っているクリニックだと知っていたら相談しやすいですよね?

 

また、男性専用の美容クリニックのため、女性客はいませんし、スタッフの多くが男性です。

多汗症というデリケートな悩みは、異性に言いづらいこともあるかもしれませんが、ゴリラクリニックならそういった悩みにも真摯に対応してくれるので安心ですね!

 

ゴリラクリニックの魅力のついて、詳しく知りたいという方は、「ゴリラクリニックってどんな所?メリットとデメリットをご紹介!」を参考にしてみてください。

ゴリラクリニックってどんな所?メリットとデメリットをご紹介!

 

ゴリラクリニックは無料カウンセリングもおこなっています。

多汗症を含め、男性特有のちょっと恥ずかしい相談にも乗ってくれるので、まずは気軽にカウンセリングをうけてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  • 多汗症はでも、清潔にさえすれば脱毛はできる
  • 脱毛をしたからといって発汗量が増えることはない
  • 詳しく知りたい人は、まずはカウンセリングへ

今回は、多汗症の人でも医療脱毛を行えるのか、ということについてお伝えさせて頂きました。

多汗症など、体の悩みは人それぞれです。

その様なお悩みも含めて、医療脱毛をしてみたいなと考えている人は、是非この機会にカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはコチラ

-初めての人

© 2020 ゴリラクリニック完全攻略サイト