脱毛の知識

脱毛するとき薬を服用したらダメってホント⁈その理由を徹底解説!

 

みなさんは、ヒゲやムダ毛の脱毛を考えていますか?
今や女性だけではなく、男性も脱毛するのが当たり前になってきており、その需要は広まってきています。

ですがみなさんは、脱毛期間中に薬を内服することはできないということを知っていましたか?
実は、薬を定期的に服用していると、脱毛を受けられないんです。

 

今回は、なぜ薬を服用していると脱毛ができないのか、その理由についてお伝えしていきます。

 

脱毛中は薬を飲んではいけないというのは本当!

内服薬

脱毛に行かれたことのある方は、最初の契約時のカウンセリングで、「常備薬はありませんか?」といった質問をされたことがあると思いますが、覚えていますか?

特に何の薬も飲んでいない人には、「関係ないや」といって聞き流してしまう内容ですよね。
でもこの質問はとても大切な項目なんです!

 

脱毛中に薬を飲んではいけない理由

 

では、どうして薬を服用していると、脱毛ができないのでしょうか?

それは、服用している薬と脱毛に使用するレーザーと反応してしまい、「光過敏症という症状が起こる可能性があるからです。

この光過敏症という言葉、初めて聞きますよね?
みなさんにわかりやすく、説明していきます!

 

「光過敏症」ってどんな病気?

疑問に思う男性

光過敏症とは、紫外線にさらされた皮膚に、赤みなど炎症が起きる状態のことです。

そのなかでも、特定の薬を皮膚に塗った部位や、内服した後に紫外線を浴びることで皮膚に炎症が起こることを、薬剤性光過敏症といいます。

これは薬の副作用の一つで、通常光過敏症の症状が見られた場合は、その薬を中止することで過敏症の悪化を防ぎます。

 

光過敏症は、脱毛レーザーで誘発される可能性がある

 

この光過敏症は、脱毛で使用されるレーザーによって誘発されてしまうことがあり、そうなると皮膚の炎症を引き起こしてしまうことになります。

そのため、脱毛サロンやクリニックでは、薬を飲んでいる場合の脱毛を禁止しているんですね。

脱毛をすることで皮膚が炎症を起こしてしまうなんてビックリですよね。

薬を飲んでいる人は気を付けておかないといけませんね!

ですが、もちろん全部の薬がダメ!というわけではありません。
光過敏症になりやすい薬とそうでない薬がありますので、簡単に説明していきますね。

 

飲んでいると脱毛ができない薬と大丈夫な薬

マルとバツの札を持った男性

脱毛中に飲んではいけない薬があるといっても、全部の薬がダメなわけではありません。
でも、どの薬がダメなのか、事前に知っておかないとサロンやクリニックにいくのも不安ですよね?

そんな方のために、主な飲んでいると脱毛できない薬と大丈夫な薬をお伝えしていきます。

 

飲んでいると脱毛できない薬

 

服用をしていると脱毛はできないと言われている薬は以下に挙げられるものです。

脱毛できない薬

  • 抗ヒスタミン配合の薬
  • 抗うつ剤
  • 向精神薬
  • 抗生物質
  • 抗がん剤
  • 降圧剤

以上が主な薬です。

思ったよりもダメな薬って多いですよね?

普段から上記の薬を服用している人は、脱毛を受ける際注意をしておきましょう!

 

飲んでいても大丈夫な薬

 

では、一般的に飲んでいても大丈夫な薬とはどんな薬なのでしょうか?
以下に挙げている薬が、脱毛可能といわれている薬です。

飲んでいても脱毛可能な薬

  • 低用量ピル
  • 漢方薬

一般的に、ピルや漢方薬は、光過敏症の副作用が出にくい薬と言われており、脱毛も可能とされている施設が多いです。

しかし、場合によっては脱毛を禁止しているところもありますので、脱毛契約時に必ず施設スタッフに確認をするようにしましょう。

 

基本的に脱毛前後はどんな薬も飲まない方が良い!

 

脱毛できない薬と大丈夫な薬をお伝えしましたが、光過敏症というのは、そもそも紫外線や光に対するアレルギーでもあります。

そのため、人それぞれの体質によっても、過敏症が起こる可能性がありますので、薬のある方は、先ほどお伝えした薬でなくても、脱毛前後は服用しないようにしておきましょう。

また、どうしても飲まないといけない薬の場合は、薬を処方をしてもらっている医師に確認をして、時間の調整をしてもらいましょう。

 

 

ここまで、薬を服用していると脱毛できない理由や、実際にダメな薬についてお伝えしてきましたが、それでもヒゲやムダ毛が気になるから脱毛したい!という方もおられるかと思います。

そんな方は、まず医師に相談してみましょう!

 

どうしても脱毛をしたいなら医師に相談を!

薬をみせる医師

「決まった薬を飲んでいるけど、どうしても脱毛がしたい!」
という方もおられるかと思います。

 

そんな方は、一人で悩まずにまずは薬を出してもらっている医師に相談してみましょう!
脱毛サロンやクリニックによれば、主治医の許可があれば脱毛をしてくれるところもあります。

 

一人でヒゲやムダ毛について悩んでいても、なんの答えもでませんし、辛いですよね?
なので脱毛を考えている人は、迷わず医師に相談しにいきましょう!

ヒゲやムダ毛の悩みは、脱毛をしないと解決できないことが多いです。
一人で悩む時間がもったいないですので、悩んでいるのなら早めに相談するのがオススメですよ。

 

医療脱毛を考えているなら、ゴリラクリニックの無料カウンセリングへ

ゴリラクリニック公式画像

引用:ゴリラクリニック公式サイト

いざ脱毛をしようと思っても、どこで脱毛をするか、迷ってしまいますよね?
そんな時は、医療脱毛を行っているゴリラクリニックがオススメです!

 

そもそも医療脱毛は医療行為であり、医師や看護師などの専門職のスタッフでないと施術できないことになっています。

薬を服用している方にとっては、専門職のスタッフが常駐しているクリニックの方が安心ですよね?

またゴリラクリニックでは、無料カウンセリングを行っています。

 

薬のことや脱毛について相談したいなら無料カウンセリングへ

 

ゴリラクリニックでは、随時無料カウンセリングをおこなっています。

飲んでいる薬のことや、脱毛について相談できるだけではなく、男性専用のクリニックのため、男性ならではの悩みについても相談しやすくなっています。

脱毛のことで悩んでいる方は、是非一度ゴリラクリニックの無料カウンセリングへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングはコチラ

 

まとめ

笑いかける男性

飲んでいる薬によっては、脱毛レーザーによって光過敏症という副作用を誘発してしまう可能性があるため、脱毛はできないことになっています。
ですが、全てのくすりではなく、飲んでも問題なく脱毛できる薬もあります。

なので、薬を日常的に服用していてどうしても脱毛をしたい!という方は、一人で悩まずに主治医に相談をしてみましょう。

この記事を読むことで、みなさんの悩みが少しでも解決できれば嬉しいです。

-脱毛の知識

© 2020 ゴリラクリニック完全攻略サイト