初めての人

市販品で手軽にムダ毛処理!自宅でヒゲの永久脱毛は可能か検証

朝剃ったばかりなのに……。

夕方には薄っすら泥棒ヒゲの情けない姿に肩を落とす男性は少なくありません。

 

永久脱毛をして綺麗サッパリと毎朝の髭剃りから解放されたい!と思うものの、経済的な面または多忙がゆえにレーザー脱毛を諦めている方もいることでしょう。

 

さてここではそんな方がしばし閃く、「市販品で気軽にそしてお金をかけずに永久脱毛ができるかも!」という甘い期待とその真実について考察していきたいと思います。

手軽だけどヒゲの永久脱毛は市販品では難しい!その訳と医療レーザー脱毛を推奨する理由

 

ヒゲ脱毛には医療レーザー脱毛がいいというけれど、実際問題医療機関に行って大金をつぎ込むのは気が引ける……。

 

どうせやるなら市販品で気軽に脱毛をした方がベター!、と思う方は少なくないはず。

 

ここでは濃いヒゲに悩まされている男性が思い浮かべる共通のアイデア、市販品での脱毛の可否について解説していきたいと思います。

市販の脱毛商品ではヒゲの永久脱毛は不可能!

皆さんもドラッグストアやオンラインでムダ毛を処理すると謳う市販の除毛クリームを見たことがあると思いますが、まずこちらを利用しても、ヒゲ、またはムダ毛の永久脱毛をすることはできません!

 

除毛と脱毛……、両者の違いはたった1文字ですが、その効果は全く異なり、ヒゲの永久脱毛を考えている方はその相違をしっかり理解しなければなりません。

 

除毛は永久脱毛と異なり、表面に覗かせる毛のみを除毛するということ。

 

つまりはたんぱく質でできた毛の表面を化学成分が配合された除毛クリームの効果で、溶かして表面上のムダ毛を処理します。

 

除毛クリームの特色をここで見てみましょう。

除毛クリームのメリット

  • 一瞬で毛を溶かして処理できる
  • コストパフォーマンスが良い
しかし逆を取れば毛根へのダメージはゼロ、つまりは毛の育成司令塔には一切作用しない為、ヒゲだけに限らず身体のムダ毛の永久脱毛には一切寄与しないということを覚えておきましょう。

除毛ではなく永久脱毛をするには医療レーザー脱毛の施術がベスト!

除毛クリームはその即効性が高いことから、性別問わず多くの方に利用されています。

 

しかし男性の場合は除毛という意味をはき違えてしまい、すぐにモサモサと毛が生えてくる現実にノックアウトされてしまう方もいますし、なんだか毛が前より濃くなってきたと勘違いする方も少なくありません。

 

基本的に除毛クリームが原因でヒゲ、身体の体毛が濃くなることはありませんが、そもそも永久脱毛を希望する方は市販品ではなく毛根に作用する永久脱毛効果があるレーザー脱毛を受ける必要があります。

 

除毛と脱毛の観点の違いは前項でお話しましたが、今ある毛をチャチャッと処理するだけならば前者を、その根源を解決し今後ヒゲ、ムダ毛を生えなくする、または減毛する為には医療レーザー脱毛が一番の近道です。

 

脱毛エステ等のフラッシュ脱毛などでもメラニン色素に反応させ毛根を徐々に弱らせ、照射回数を重ねることで減毛を可能にしますが、医療機関によるレーザー脱毛はより強力な波長と出力で照射が可能な為、より大きな脱毛効果を実感できます。

 

ヒゲ脱毛に除毛クリームを使うことは安全面からもオススメしませんが、より安全で高い脱毛効果を得るには医療機関で医師のアドバイスの基で行う医療レーザー脱毛が最高のオプションと言えます。

まとめると

一時しのぎの除毛ならば市販品の除毛クリームでもOK、ヒゲ脱毛の減毛、完全な脱毛を安全に行うにはゴリラクリニックのような脱毛実績が高い男性美容クリニックでの施術を強くおすすめいたします。

【激痛】永久脱毛可能?家庭用脱毛器は効果と気になるデメリット【高額】

デメリットが心配

除毛クリームと同様に市販品の双璧をなすものが、家庭用脱毛器

 

男性用雑誌や通販サイトにも家庭用脱毛器は大人気商品として紹介されていますが、果たしてヒゲの永久脱毛に関しても自宅で気軽に脱毛などできてしまうのでしょうか?

そもそも家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器、魅力的な漢字の羅列ですね!

 

そのネーミングのままですが、家庭用脱毛器は自宅で時間を気にする必要なくできるセルフ脱毛器。

 

女性専用、または男性の濃い体毛にも対応可能なものも多く、フィリップスパナソニックなどの大手家電メーカーだけでなく様々なメーカー商品が販売されております。

 

ここでその特徴について分かりやすく解説していきましょう!

家庭用脱毛機の特徴

  • レーザーまたはフラッシュ方式の2種類がある
  • 販売価格は高額で3~10万円以上の価格帯がメイン
  • 業務用の脱毛機に比べると効果を実感しにくい
  • 頬、顎、鼻下のヒゲ脱毛ができる機種が限られている

通販や家電料品店でも多くの種類の家庭用脱毛機を目にすることができますが、基本的な照射方法は医療機関や脱毛エステなどと同様で、まずは脱毛をする部分のヒゲ、体毛を剃り、その後に適切な出力と回数で照射を行います。

 

このように書いてしまえば、医療レーザー脱毛よりも経済的にほぼ同じ効果の脱毛効果を自宅でできてお得!と思う方も多いと思いますが、現実はそう甘くはありません。

 

なぜかというと特にヒゲ脱毛の場合はその毛根が深く、毛の1本1本が太い為に、なかなか思うような効果が得られない点です。

 

手足などの脱毛しやすく、比較的ムダ毛が薄い箇所に関してはスムーズに脱毛を遂行できますが、顔面部位の脱毛はなかなか難しくその要領を掴むまでに時間がかかること、取り換えカートリッジの追加料金も必要になることから途中で脱毛を諦めて放棄してしまう方は後を絶ちません。

 

勿論根気強く継続的な照射を続ければ一定の効果を望めますが、その出力は医療機関のものよりも低い為、減毛以上の効果、つまりは完全な永久脱毛を実感するのは難しいと言えるでしょう。

高額な自宅用脱毛器を利用して痛い目にあった実例を紹介!

実際私自身も自宅で簡単永久脱毛を目指して家庭用脱毛機を大枚はたいて購入したことがありますが、数回の使用でギブアップ……。

 

その理由としては、その強烈な痛み、そして効果を感じる前に面倒になってしまい、近所の美容外科クリニックで医療レーザー脱毛の施術に乗り換えてしまったからです。

 

私の場合は約10年程昔の話しなので、令和の家庭用脱毛機の使いやすさや効果も随分改善されていると思いますが、それでも紆余曲折の上、家庭用脱毛機でのヒゲ脱毛をギブアップする男性は後を絶ちません。

 

ここではそんな経験者の声を集めてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ネガティブなコメントまとめ

  • ヒゲは薄くなったが、永久脱毛はできなかった。
  • 痛すぎて続かない!
  • 費用を抑える目的だったのに、効果が感じられず結局無駄な買い物になった。
  • 火傷をした!ニキビが悪化し肌が凸凹になった!
  • 薄くなった場所と、全然変わらない箇所と効果にムラがあり変なヒゲになった。
  • 使っているうちに壊れ、保証期間が過ぎていたのであらたに買いなおす必要がでてきた。

このようにかなりの不平不満や否定的な意見も多く見受けられます。

 

勿論しっかりと家庭用脱毛機が対応可能な減毛レベルを理解し継続利用をすることで着実に効果を得た男性もいますし、しっかりと出力を調整しながら肌の状態に合わせて上手く脱毛をできた方はそれなりに満足しているという声も聞きます。

注意ポイント

つまり家庭用であっても肌を火傷状態にして毛根にダメージを与える訳ですから、コスパだけでなく自分の性格やどの程度の脱毛を望むのかを客観視して購入する、または医療機関で安全に医療レーザー脱毛を行うのかをしっかり判断することが大切です。

自宅で市販の除毛クリーム、ワックスをヒゲに使用したらどうなる?

ヒゲどうしよう

ヒゲ脱毛に対してのゴール地点をどこにおくのか?、それが一番の問題です。

 

市販品で事足りる程度の悩みであるのか、経済的な面を一番考慮に入れて減毛をしたいのか、それとも徹底的にヒゲに対してのコンプレックスをなくしたいのか?

 

医療レーザー脱毛が一番確実で効率的な脱毛方法であることは皆さんも分かって頂けたと思いますが、ここでは市販品に関してよく聞かれる質問に対して回答していきたいと思います。

除毛クリームは絶対NG!その理由を徹底検証!

通常除毛クリームは顔、またはVIO部などの粘膜部位への利用は禁止または推奨されていません。

 

たっぷりクリームを塗って数分経ってティッシュで拭き去り水を流した時の、あの感動は毛深い男性にとってその喜びはひとしおです。

 

しかし毛を溶かす成分であるチオグリコール酸カルシウムは非常に刺激が強く、なおかつ強烈な匂いを放ち、ヒゲへの利用は避けた方がベター。元々体毛に比べて露出しているヒゲ部分が少なく、なおかつ顔面の皮膚が薄い為、焼けるような肌の痛みを訴え大きな肌荒れに繋がる可能性大!

 

目や口などの粘膜部位に混入する可能性もあり、特に敏感肌の方の利用はオススメいたしません。

 

なお補足として実行する方はほとんどいないと思いますが、ブラジリアンワックスのハードワックスをスパチュラで塗り込み、布を当てて一気にはがすハードコアな方法は、流血事件または毛嚢炎になる可能性が高い為絶対に避けましょう。

市販品の脱毛グッズでオススメは抑毛ローションなり!

除毛クリームとはまた異なるアプローチをする市販品として抑毛ローションが挙げられます。

 

こちらは化学成分により毛を溶かしてツルスベにするのではなく、あくまでヒゲやムダ毛を処理した後にアフターシェービングローションのような要領で肌に塗り込むタイプ。

 

塗ったからと言って即効性を感じるローションではありませんが、パパイン酵素イソフラボン毛を柔らかくしたんぱく質を分解する作用が期待でき、潤い成分のアロエや豆乳発酵液などのお肌の状態を整える成分が配合されているので、メンズ美容の一環として取り入れるのもオススメです。

 

ムダ毛への4つのアプローチは医療機関による完全な脱毛、エステ等による減毛、除毛クリームの除毛に毛の成長を阻害し目立たなくしていく抑毛に分かれますが、男性のヒゲに対して悩みの度合いにもよりますが効果的な結果得る為にも医療レーザー脱毛をオススメいたします。

 

どうしても市販品を取り入れたい場合に関しては、抑毛効果のあるローションを日常的に使いながら日々の肌ケアをして行きましょう。

まとめ

「画像出典:ゴリラクリニック

個人的にも市販品で脱毛を試みたことがありますが、身体のムダ毛の一時的な処理こそ可能でしたがヒゲ脱毛に脱毛クリームを使うことはその効能だけでなく、安全面から考えても使用はNG!

 

しばし市販されている家庭用脱毛器などでヒゲの脱毛を試みる方もいますが、こちらに関しても程度が分からず火傷をしたり、思うような脱毛が実感できずに終わったという方も後を絶ちません。

 

その為徹底した永久脱毛を望む、またはカッコいいデザインヒゲを手に入れたい!という方は自己判断で市販品を利用するのではなく、男性の脱毛に定評がある医療機関でまずはカウンセリングをするのがベストと言えるでしょう。

お金に時間こそある程度かかりますが、市販品とは比べものにならない脱毛効果を実感するはずです。

-初めての人

Copyright© ゴリラクリニック完全攻略サイト , 2020 All Rights Reserved.